サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

ビーチライフ倶楽部【白浜の1棟貸コテージ&カフェ】

カメハウスの外観画像

Beach Life CLUB(びーちらいふくらぶ)

 
南房総市白浜町の根本海岸前の『Beach Life CLUB』はカフェを併設したコテージです。1日一組限定のコテージタイプで贅沢な時間をお過ごしください。
 
長田秀一展の案内の画像
 
カフェの中はギャラリーとなっています。今日は『長田秀一展』の最終日。大勢のお客様で賑わっていました。
長田さんは本業は畳屋さんなのだそうですが、絵画の人気も凄いです。
<長岡畳店>
【住所】〒294-0233 千葉県館山市大神宮557
【電話】0470-28-1066
 
カフェ内部のギャラリーの画像
 
長田秀一展の様子画像
 

CAFE焙煎体験

 
ビーチライフ倶楽部ではコーヒー豆の焙煎体験ができます。オーナーの丁寧な指導に従いコーヒーを焙煎します。
 
最初に焙煎度合いを決めます(左下の画像)焙煎時間が短いと酸味が強く、長いと苦味が強くなるそうです。今回はフルシティローストに決めました。
焙煎する前に形の悪い豆を取り除きます。これを丁寧にやることで味が変わってくるそうです。(右下の画像)
<コーヒーの基本焙煎8段階>
1.ライトロースト(Light roast)
2.シナモンロースト(Cinnamon roast)
3.ミディアムロースト(Medium roast)
4.ハイロースト(High roast)
5.シティロースト(City roast)
6.フルシティロースト(Fullcity roast)
7.フレンチロースト(French roast)
8.イタリアンロースト(Italian roast)
 
焙煎度合いの説明書焙煎していない豆を選り分ける画像

 
豆をコンロの上で焙煎します。均一な色になるよう揺すりながら焙煎します。(左下の画像)
焙煎が終わりました。ムラが無く均一に焼き上りました。(右下の画像)。豆が焼けたら団扇であおいで豆を冷まします。
 
コーヒー豆の焙煎の様子焙煎が終わった豆の画像

 
コーヒー豆を計量スプーンで計りミルに入れて豆を挽きます。豆の量は計量スプーン1杯~2杯位が基本的な量だそうです。
(今回は1.5杯にしました)
挽いた豆の上からお湯を注ぎます。このときゆっくり500円玉位の広さで注ぐのがコツだそうです。(左下の画像)
 
この後、自分で淹れたコーヒーを飲んでみましたが、オーナーの淹れたコーヒーと全然味が違います。
自分で淹れたコーヒーは味が薄いです。焙煎して挽いた豆は同じ物を使っているのにどうして味がこんなに違うのでしょうか?
原因はお湯の注ぎ方が早かったからだそうです。
 
コーヒー豆の焙煎の様子焙煎が終わった豆の画像

 

オープンデッキ

 
根本海岸までは道路を挟んでわずか80m。少し高台にあるオープンデッキからは太平洋を一望できます。
根本海岸では海水浴、サーフィンが楽しめます。大物釣りで有名な御神根まで600mです。
夜は天の川、オリオン座・・・星空・天の川ウオッチ用ロゴスロッキングチェアーご用意しております。
手持ち花火もOKです。
 
BBQはテラスのテーブル七輪に当方で炭火をお点けいたします。(BBQ代金:炭代込みで宿泊費と別に5,000円)
 
根本海岸の御神根の画像根本海水浴場の画像

 
右下の画像は根本海岸側から見たビーチライフ倶楽部です。
 
根本海岸画像根本海水浴場から見たビーチライフ倶楽部の画像

 


 

貸し別荘(コテージ)

 
ダブルベッドは2台あり4名まで宿泊できます。
 
コテージ内部の画像
 
コテージの寝室の画像
 
イタリア人デザイナー、ルイジ・ヴェラーティによる素敵なフォルムのバスタブ。
 
バスルームの画像
 
バスタブからは海と満天の星空。天の川やふたご座流星群(12月中旬)を眺めながら入浴できます。
 
海が見えるバスタブの画像
 


 
貸し別荘とカフェの間取り図
 
【予約】ZENさんのふるさとラボ びーちらいふ倶楽
 
【ブログ】ZENさんの 館山 毎日が SPECIAL
     ZENさんのふるさと.らぼ
【設備】電子レンジ、湯沸ポット、ミニシンクのキッチン、ダブルベッド2台

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています