サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

美樹鮨【すし・うなぎ・すっぽん・ふぐ】

美樹鮨(みきずし)

 
鴨川市江見の「美樹鮨」は昭和57年(1982年)創業の老舗寿司店です。寿司はもちろん漁師料理、うなぎ、天ぷら、ふぐ、すっぽんなど幅広く楽しめる食事処です。
 
店舗は国道127号線沿い
 
美樹鮨の店舗外観画像
 
小上がり席(座敷)
 
美樹鮨の小上がりの画像
 
カウンター・テーブル席
 
美樹鮨のカウンターの画像
 

地物寿司

 
地元鴨川周辺で水揚げされたお寿司。今日のネタはあじ、にべ、真鯛、金目、あわび。どれも新鮮で身に透明感があります。
 
地物寿司の画像
 

上ちらし

 
上ちらしの画像
 

伊勢海老海鮮ちらし

 
1日限定20食。伊勢海老が丸ごと1匹入った豪華海鮮丼です。
 
伊勢海老海鮮ちらしの画像
 

あわび釜飯

 
蓋を開けた瞬間に、あわびとヒジキの磯の香りが漂います。
※釜飯はさざえもあります。
 
あわび釜飯の画像
 

鯵のなめろ(左下)

 
「鯵のなめろ」は、房州の郷土料理。鯵を叩いて味噌と薬味を混ぜた料理です。なめろをアワビの貝殻などに入れて焼いた料理が「さんが焼き」、なめろを熱いごはんに乗せお茶をかけた料理が「まごちゃ」、なめろを氷の入った冷たい味噌汁に入れた料理が「水なます」です。
 

鯵の水なます(右下)

 
南房総に来て海鮮の料理店に入るとほとんどの店で「なめろ」と「さんが焼き」を食べることができます。しかし、この「水なます」を出している店は少ないです。私は水なますが大好物で自分で作っていましたが、お店で見たのはここがはじめてです。
 
鯵のなめろの画像鯵の水なますの画像

 

まごちゃ(左下)

 
鯵のタタキが入ったお茶漬けです。
 

鯵のたたき(右下)

 
まごちゃの画像鯵のたたきの画像

 

つち鯨の味噌煮

 
南房総市の和田町は日本で5ヶ所しかない捕鯨基地の1つです。南房総の捕鯨の歴史は古く鯨料理が発達し房総の郷土料理となっています。
刺身をはじめ鯨のタレ(鯨に味を付け干したもの)、タツタ揚げ、ベーコン、ステーキなど幅広く利用されています。
 
つち鯨の味噌煮の画像
 

ソーダがつおの刺身

 
釣り船に乗ると頻繁に釣れるのが「ソーダがつお」。一般的には評価が低く、釣れても半分位リリースしていました。血合いが多く鮮度が落ちるのが早いので、飲食店ではあまり見かけません。しかし、このソーダがつおは絶品!
脂がのり身はモチモチ。こんなに美味しい魚だったとは知りませんでした。板さんによると、水温が低い時期は脂がのっていて鮮度が良ければ美味しい魚だそうです。
 
ソーダがつおの刺身の画像
 

美樹定食の画像

 
舟盛りの刺身、御飯、味噌汁、サザエつぼ焼き、小鉢3品、季節のフルーツが付いた豪華版。
 
美樹定食の画像
 

メニュー 2018年11月現在

 
※料金などの詳細については美樹鮨ホームページをご確認ください
 

にぎり寿司

・特上寿司(吸い物付)
・上寿司(吸い物付)
・中寿司(吸い物付)
・並寿司(吸い物付)
・地物寿司
・お子様寿司
・のり玉寿司
 

ちらし寿司(吸い物付)

・特上ちらし
・上ちらし
・中ちらし
・並ちらし
 

巻きもの(吸い物付)

・とろ鉄火巻
・鉄火巻
・太巻
・かっぱ巻
・のり巻
・お新香巻
・サラダ巻
・海老きゅう巻
・納豆巻
・梅しそ巻
 

地物刺身

・鯵のなめろ
・鯵のたたき
・地いか刺身
・地たこ刺身
・刺身盛り合わせ
・白身刺身
・伊勢海老刺身
・あわび刺身
・さざえ刺身
 

自家製

・あわび塩辛
・かつお塩辛
・いか塩辛
 

丼物

・伊勢海老海鮮丼(1日限定20食)
・鉄火丼
・いくら丼
・うに丼
・とろ鉄火丼
 

定食

・美樹定食
・磯定食
・刺身定食
・煮魚定食
・焼魚定食
 

釜飯

・あわび釜飯
・さざえ釜飯
 

一品料理

・鯵さんが焼
・さざえつぼ焼
・あわび味噌焼
・床ぶし
・鯵の水生す
・はまちかま焼
・煮つぼ(小さざえ煮)
・帆立バター焼
・うなぎ蒲焼
・どじょう柳川
・天ぷら盛り合わせ
・焼き魚
・まぐろかぶと焼き
 

くじら料理

・くじら味噌煮
・くじらステーキ
 

・寄せ鍋
※鍋物は二人前より。
・すっぽん料理(要予約)
 
美樹鮨のメニューの画像美樹鮨のメニューの画像2

 

のげのり(ふくろのり)

 
板さんと海藻の話をしていて頂きました。店の下で採れた「のげのり(ふくろのり)」です。味噌汁などに入れると美味しいそうです。煮込むと溶けてしまうので干したものをお椀に入れてから味噌汁を注ぎます。昔は洗濯糊にも使用していたそうです。
 
のげのりの画像

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています