サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

船形周辺のボート釣り【アオリ・マゴチ・ヒラメ】

船形港沖堤防の画像

大房岬から船形周辺は有名なボート店がありません。そのため、この海域は場荒れしていない好ポイントが多くあります。
 
船形沖のポイント図

1.雀島周辺

 
島周辺は急なかけ上がりとなっていて水深は7mから50m位です。レンタルボートは傷を付けてしまうので島に上陸はできません。
サビキ釣りで、アジ、サバ、メバル、カマスなど、浮き釣りでクロダイ、メジナなど魚種は多彩です。
生き餌のアオリイカもおすすめです。船を固定してイシダイ狙いも面白い。
※手漕ぎでは距離が長く大変です。
 
下の写真の中央の島が雀島です。白い燈台があるのが一本島です。
 

 


 

2.多田良西浜海水浴場沖

 
投げ釣りで良型キスが釣れる有名ポイント。キス、ヒラメ、マゴチなど、場荒れしていないのでツボにハマると爆釣があります。
アオリイカやコウイカのエギングもおすすめ。
 
多田良西浜海水浴場沖の画像
 


 

3.一本島周辺

 
丸山堤防沖の白い燈台のある島が一本島。この周辺は浅い岩礁帯となっています。
ここから船形港沖まではクロダイの魚影が非常に濃いポイントです。
また、水深が浅いのでルアーもおすすめ。ワームやジグヘッドでアジングやメバリングが楽しめます。
夏場はルアーでカンパチ、シーバス、カマス、ソーダガツオが釣れます。
アオリイカやコウイカもエギングで狙えます。
水深は5m~15m位です。
 
手前のテトラ周辺は非常に浅いのですが、カサゴやメバルのポイント。しかし、ソイやアイナメはこの周辺で見たことがありません。
 
一本島手前のテトラの画像
 
丸山堤防の画像
 


 

4.船形港沖堤防周辺

 
船形港沖堤防周辺は遠浅で岩礁帯と砂地が混じります。根回りでは大型のヒラメやマゴチが潜んでいます。
夏場に活き餌を使うと大型のアカエイだらけになってしまうことがあります。そんなときはポイントを変えますが、アカエイは食べると結構美味しいです。
時間が経つとアンモニア臭が出てくるので当日中に調理します。
 
船形沖堤防周辺は千葉県屈指のクロダイが濃いポイントです。ボートからフカセ釣りや団子釣りで狙います。
 
船形港沖堤防の画像
 
船形港沖堤防の画像
 


 

5.テトラ魚礁

 
テトラ魚礁周辺もアジング、メバリング、カサゴがおすすめ。
 
テトラ魚礁の画像
 


 

那古海岸

 
遠浅でほとんどが砂地です。
キス、メゴチ、マゴチ、ヒラメなどが釣れます。潮が濁るとイシモチやアナゴも釣れます。
 
<レンタルカヌー>
釣りのカヌーの画像
 


 
<レンタルカヌー>
◎南房総海遊クラブ カヌーですが大きさは5mあります。
  釣り専用ではないので数日前に予約が必要。また、必ず釣りをしたいと告げてください。(カヌー保管庫前で釣りができないのでカヌーを搬送する必要があります)
   ※お問い合わせの際は「房総タウン」を見たとお伝えください。
【電話】スマホの場合はここから直接電話できます⇒080-1154-3608
 
◎高尾商会 船外機船です。
 【電話】スマホの場合はここから直接電話できます⇒0470-27-2170
 

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています