サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

一年中できる! 安田農園のメロン狩り【南房総家族時間】

安田農園のメロンハウスの画像

安田農園

 
南房総千倉町は花と海で有名ですが、山あいに入るとみかん、びわ、ブルーベリー、ぶどう、などのフルーツ栽培も盛んです。
これらのフルーツはほとんどが季節物なのですが、安田農園のメロン狩りは一年中楽しめることで知られています。
 
約350坪のガラス温室では、一年中メロンが栽培されています。
 
安田メロン農園のガラス温室の画像

 
1本の苗にメロンの花はたくさん咲きますが、最初に小さな実を3つ残し、後は間引いてしますそうです。
3つ残した実の中から一番良いものを1つだけ残し、最終的には1本の苗に実は1つだけの状態にするそうです。
 
安田メロン農園のメロンの苗の画像
 
これが、メロンの花です。ウリ科なので色も形もきゅうりにそっくりです。
この苗を10日間隔で植えて行き、一年中メロンの実が収穫できるようにしているのだそうです。
 
メロンの花の画像
 
下の画像が受粉から数十日のメロンです。重みで枝が折れないように上がら紐で吊るしてあります。
 
メロンの実を吊るす様子
 
上の状態から10日後の実です。だいぶ大きくなりましたが、まだ、マスクメロン特有の網目模様はありません。
 
メロンの実の画像
 
更に10日後のメロンの実です。ここでやっと網目模様が出てきました。
メロンには網目のある物と網目のないものとがあり、ここで栽培されているのは網目があるマスクメロンです。
メロンの表皮は、ある時期になると表皮の成長が止まり、果肉はその後も成長を続けるので表面にヒビ割れができるそうです。
ヒビ割れの箇所には分泌液が出て固まり、これを繰り返すうちに網目模様がはっきりしてきます。
この網目が均等に綺麗に出ているほと甘くて美味しいメロンなんだそうです。
 
マスクメロンの画像
 
この状態になるとハウス内に甘い香りが漂っています。2月だというのに、ハウス内には虫が飛んでいます。
収穫までもう少し!
 
マスクメロンの画像
 
最終的には1個1個袋を掛けます。
 
袋掛けしたマスクメロンの画像
 
1個頂いてみました。とても甘くジューシーで食べるジュースといった感じです。
 
これは出荷用のメロンです。
 
試食のマスクメロン
 
出荷用のメロンの画像
 
メロンは果物として食べることが多いですが、漬物にしても美味しいです。
右側はハバノリ。この海苔はネット販売では1枚1,000円しますが、ここは3枚1,000円です。
凄い掘り出し物を見つけました。
 
ここの高級メロン狩りは、一年中楽しめるうえ、食べ放題でも苺狩りとそれほど値段が変わらないのでおすすめです。
 
漬物用の子メロンとハバノリの画像
 
ハウス周辺で遊ぶ子犬の画像
 

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています