サイドバーを出す
房総town.com

狩猟エコツアーH29~H30【猪・鹿を捕って捌いて食べる】

鋸南狩猟エコツアー

鋸南町/ジビエ/狩猟


狩猟エコツアー 鋸南町

 

けもの道トレッキング

 
里山保全のため集落ぐるみで有害鳥獣対策に取り組んでいる現役猟師の横根ワナ組合のメンバーの猟師生活を体験!深刻化するイノシシやシカの生態、被害対策、わな猟の現場を学ぶ。
【開催日】平成30年1月8日(月・祝)、1月20日(土)
【会場】 鋸南町横根地区  
【定員】 各回30名程度 
【講師】千葉県農林総合研究センター
      暖地園芸研究所 研究員 松村 広貴 氏 
      横根ワナ組合
【参加費】 3,000 円
 

解体ワークショップ

 
プロの猟師がイノシシやシカの解体技術をレクチャー。解体実習を通じて、命をいただく大切さを学ぶ。
【開催日】平成29年11月12(日)、平成30年1月21日(日)
【会場】 都市交流施設・道の駅保田小学校、
     鋸南町大帷子地区    
【定員】 各回20名程度 
【講師】 JPN 野生鳥獣研究所 
     代表 有泉 大 氏
     捕獲(安全な止めさし)~解体(食肉処理加工)~ジビエ(食材)の技術指導が専門。
【参加費】 3,500 円
 

ジビエ料理ワークショップ

 
ジビエ料理の第一人者がイノシシ肉、シカ肉を使った料理を紹介。調理実習でジビエの魅力に迫る!
【開催日】平成29年11月19(日)、平成29年12月10日(日)
【会場】都市交流施設・道の駅保田小学校 
【定員】各回20 名程度
【講師】一般社団法人  日本ジビエ振興協会 
     代表理事 オーベルジュ・エスポワールオーナーシェフ 藤木 徳彦 氏
     平成10年 長野県茅野市蓼科高原に「オーベルジュ・エスポワール」をオープン。地元の食材にこだわった数々のフランス料理を創作。 平成20年農林水産省「地産地消の仕事人」選定、平成25年 内閣官房「地域活性化伝道師」任命。
【参加費】 4,500 円
 

被害対策ワークショップ

 
 侵入防止柵の設置体験等を通じて、野生獣による農作物被害の対策術を学ぶ。
【開催日】平成30年2月17日(土)、3月3日(土)
【会場】鋸南町内(未定)  
【定員】 各回10 名程度 
【講師】 千葉県農林総合研究センター
     暖地園芸研究所 研究員 松村 広貴 氏
【参加費】3,000 円
 
※ツアーの内容は諸条件により変更となる場合がございます。捕ってさば捌いてた食べる農村集落の 新たな魅力発信
 


 
【お問合せ・お申込み】
鋸南町有害鳥獣対策協議会事務局
鋸南町地域振興課農林水産振興室
〒299-2192 千葉県安房郡鋸南町下佐久間3458
【電話】スマホの場合はここから直接電話できます⇒0470-55-4805
FAX:0470-55-0421
E-mail: nourin@town.kyonan.chiba.jp
●申込方法
付属の参加申込書に必要事項を記載し、申込受付期間内に郵送、FAX又は電子メールにより鋸南町有害鳥獣対策協議会事務局へお申込みください。
●開催趣旨
本ツアーは、多くの人に狩猟や有害鳥獣捕獲を通じた農村集落の魅力や、狩猟の社会的役割、狩猟方法等を紹介し、鳥獣被害対策の担い手となるきっかけを提供するために開催するものです。