サイドバーを出す
房総town.com

週末は田舎暮らし 馬場未織 

週末は田舎暮らしの表紙の画像

房総の書籍/


ゼロから初めた「に地域居住」奮戦記

 
2007年より東京と南房総の二地域居住を実践する馬場未織さんの著書。田舎暮らしを始めるきっかけから、土地探し、里山での生活の様子などが書かれていて
二地域居住や移住を検討されている方へオススメの本です。
 
目次
 
◎第1章「田舎がない。田舎が欲しい」
 ・日常に、田舎暮らしをインサートする
 ・「はじめる」ことと「続ける」こと
 ・おくればせながら、自然デビュー
 ・遊べる外はどこにあるか?
 ・田舎にも家を持つことのリアリティ
 
◎第2章「理想の土地を探して」
 ・ネットで初めた仕事探し
 ・不動産巡りの日々
 ・アクアラインを渡る決意
 ・房総半島土地行脚
 
◎第3章「運命の土地との出会い」
 ・運命の土地
 ・八七〇〇坪という桁違いな広さ
 ・古い農家に宿る魅力
 ・農地を取得するのは無謀か?
 ・協力者との、信頼関係
 ・売り主さんに会ってこそ、分かること
 
◎第4章「週末は農家暮らし」
 ・歴史館のある空気を上書きする「こどもおばけたち」
 ・家には手を入れず、このまま住もう
 ・うちは「ウエンダイ」
 ・房総、草ぼうぼう
 
◎第5章「南房総-東京往復生活」
 ・大移動の週末
 ・生き物を喰らう
 ・カエルの調律
 ・自分でつくった野菜を食べる
 ・生き物たちとのに地域居住
 ・電車の中でひとり、イノシシに悩む
 ・生まれ故郷は空気
 
◎第6章「迷ったり、変わったり、確かめたり」
 ・千葉ばっかりでつまんなーい
 ・野良着とポチチ
 ・人間の脳がつくった世界からの脱却
 
◎第7章「里山生活を内側から発信する」
 ・アウェイからホームへ
 ・個人の実感を、活動に変えていく①里山学校
 ・個人の実感を、活動に変えていく②洗足カフェ
 ・個人の実感を、活動に変えていく③三芳つくるハウス
 
◎第8章「二つの地域に住むということ」
 ・第一の故郷、第二の故郷
 ・緊張と弛緩
 ・普通の人が、普通にはじめる週末田舎暮らし
 ・出発の前に
 
◎コラム
 ・東京R不動産・吉里裕也氏に聞く、リアルニ地域居住情報
 
◎おわりに
 
野良仕事の様子
農作業の様子
 

週末は田舎暮らし ゼロからはじめた「二地域居住」奮戦記

 
2014年2月27日 第1刷発行
【著者】    馬場未織
【発行所】   ダイヤモンド社
         〒150-8409 東京都渋谷区神宮前6-12-17
         電話:03-5778-7232(編集)03-5778-7240(販売)  
【装丁】     重原隆
【本文デザイン】TYPE FACE(二ノ宮匡)
【写真撮影】  京島良太
【企画】    古屋荘太
【作成進行】  ダイヤモンド・グラフィック社
【印刷】    加藤文明社
【製本】    本間製本
【編集担当】  市川有人
ISBN-978-4-478-02505-5
 
アマゾン通信販売週末は田舎暮らし
 

馬場未織(ばば みおり)

 
1973年東京都生まれ。1996年日本女子大卒業、1998年同大学大学院修了後、建築設計事務所勤務を経て建設ライターへ。
プライベートでは2007年より家族5人とネコ2匹、その他に飼う生き物を連れて「平日は東京で暮らし、週末は千葉県南房総市の里山で暮らす」という(ツメ)二地域居住を実践。東京と南房総を通算300往復する暮らしの中で、里山の子育てや里山環境の保全・活用、都市農村交流などを考えるようになり、2011年に農家や建築家、教育関係者、造園家、ウェブデザイナー、市役所公務員らと共に任意団体「南房総リパブリック」を設立し、2012年に法人化。
現在はNPO法人南房総リパブリック理事長を務める。
メンバーと共に、親と子が一緒になって自然体験学習をする「里山学校」、東京に野菜の美味しさを届ける「洗足カフェ」(~2014・目黒区)、里山環境でヒト、
コト、モノをつなげる拠点「三芳つくるハウス」の運営、二地域居住促進事業などを手掛ける。
 
南房総リパブリック
 
シノワ レッセフェール サクシードアズ 洗足カフェ
 

南房総リパブリック 活動の様子 2017年1月14日

 
南房総リパブリック 活動の様子