サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

山荻神社

山荻神社の拝殿

山荻神社(やもうぎじんじゃ)

 
祭神:
 稚産霊命(わくむすびのみこと)五穀の神、主福の神
 大己貴命(おおなむちのみこと)(大国主命)
 少彦名命(すくなひこなのみこと)
 猿田彦命(さるたひこのみこと)
 末社は子安神社(豊玉姫命)、八幡神社(誉田別命)、祖母神社(伊耶那美命)、荒神社(火産霊命)の四柱
由緒:古来、歳宮大明神(としのみや)、年宮大明神(としのみや)ととなえて五穀豊穣を祈ってきたが、明治元年に現在の山荻神社の社号に改めました。 
 

拝殿と本殿

 
山荻神社の拝殿と本殿
 

修祓所

 
境内の修祓所
 

富士大神

 
富士大神の横には紅葉があり11月下旬~12月中旬にかけて見事な紅葉が観られます。
 
山荻神社の富士大神と紅葉
 

手水舎

 
手水石は安政3年(1856年)に寄進されたものです。
 
手水舎の写真
 
最初にある狛犬は猫位の大きさの狛犬です。左側は全身が銭苔でおおわれています。
 
小さな狛犬(右)小さな狛犬(左)

 
拝殿手前には大きな狛犬があります。
 
大きな狛犬(右)大きな狛犬(左)

 
山荻神社の参道の写真
 

山荻神社の筒粥神事 館山市無形文化財

 
毎年二月二十六日には、その年の農作物の豊凶を占うために筒粥神事が行われます。前日に作った粥に
葦筒十九本を入れて炊き神前に供えます。祈祷が終わると葦筒十九本を縦割りにして、筒の中の粥の
状態で農作物の豊凶を占います。
 

安房国司祭

 
 毎年9月(敬老の日の前日・前々日)に行われる安房地方最大の祭りである安房国司祭(やわたんまち)では
 山荻神社の神輿が鶴谷八幡宮に入祭します。
 
山荻神社の神輿
 
他の神社仏閣を探す
 
南房総の情報サイト_房総タウンTopへ戻る_
 

 

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています