サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

高山製菓【生クリーム大福とびわ饅頭】

高山製菓の生クリーム大福

高山製菓(たかやませいか)

 
南房総市高崎の「高山製菓」は自家製の生クリーム大福とびわまんじゅうが大人気の店。和菓子店のようにも見えますが、ケーキや焼き菓子などの洋菓子も種類が豊富です。
高山製菓の創業は大正時代なので創業約100年続く老舗。地元で愛されている菓子店です。
 
インターネットでの口コミ総合評価は4.6の高評価。口コミをまとめると次のようになります。特に生クリーム大福とびわ饅頭についての書き込みが多く見られます。
「生クリーム大福はここ!」
「生クリーム大福は甘過ぎず、やわらかい」
「和菓子もケーキも全てが美味しい!!」
「朝の焼きたてのびわ饅頭は一押し」
 
店舗は国道127号線沿い、JRの岩井駅から徒歩12分。車は店舗前に停められますが、駐車場が狭く道がカーブになっているので事故に注意してください。
お店から30m先の左側の赤い郵便ポストがある駐車場は見通しが良いのでおすすめです。
高山製菓の店舗外観
 

生クリーム大福

 
「生クリーム大福」高山製菓の2大看板のうちの一つ。くろごま、モンブラン、抹茶、生クリーム、いちご、びわの葉、ショコラ、かぼちゃ、カフェオレ、レアチーズの10種類。
中がどうなっているのか二つに切ってみます。とにかくこの大福はやわらかく綺麗に切るのが至難の技です。中は餅、自家製餡、生クリームの三層構造となっています。
 
食べてみると餡と生クリームのバランスが絶妙で、甘過ぎず軽い口当たり。和菓子のようでもあり洋菓子のようでもあります。
生クリームが入っているので、持ち帰る場合は保冷剤を入れてもらえます。冷凍品もあり、通信販売も行っているので、気の利いた贈答品としてもおすすめです。
 
私はちょっとしたお返しに高山製菓の生クリーム大福を送っていますが、いつも「美味しい」と大好評です。
生クリーム大福
 

びわまんじゅう

 
南房総市の岩井から富浦にかけてはびわの一大産地。大きくてジューシーなびわは毎年天皇に献上するブランド品です。
外側はふわふわのカステラ生地。中は地元のびわジャムと白あんを練り合わせて作ったびわあんが入っています。
びわまんじゅう
 
生のびわが入った「枇杷ムースゼリー」や「びわゼリー」のおみやげもあります。これは少人数の職場のおみやげにピッタリです。
枇杷ムースゼリー、びわゼリー
 

ケーキコーナー

 
ケーキ類も美味しいと評判です。洋菓子の中で人気があるのが「なめらかプリン」。あまり知られてはいませんが、南房総は日本の酪農発祥地であり牧場が多くあります。なめらかプリンは地元近藤牧場のフレッシュミルクと新鮮卵を贅沢に使った濃厚で滑らかな口当たりのプリンです。
 
私が気になっているのが、「キイチゴのムース」と「洋梨のタルト」です。
なめらかプリン、木いちごのムース、洋梨のタルトチーズタルト、チーズケーキ

 

焼き菓子コーナー

 
新宿中村屋の焼き菓子コーナー
新宿中村屋の焼き菓子新宿中村屋の贈答品

 

びわジャム/あられのコーナー

びわジャム、マヨネーズ味のあられ
 

高山一実さん

 
高山製菓は、乃木坂46の元メンバーである高山一実さんの実家という噂を多く耳にします。地元でもそのように思っている方もいます。
結論からいうと、高山一実さんは南房総市の岩井出身ではありますが、高山製菓は実家ではありません。
 
高山さんは地元愛が強く、高山製菓の生クリーム大福をメンバーに差し入れたところ大好評で、他にも宣伝しているうちに、姓も「高山」で一致していることから、このような噂が広まったのです。ちなみに高山さんのお気に入りはかぼちゃの生クリーム大福だそうで、千葉日報で紹介されています。
お店にサインもあります。
 
私はアイドルに興味はありませんが、高山一実さんは南房総市出身で、明るく元気なところが気に入っていて応援しています。
 
高山一実 OFFICIAL SITE
 
高山一実さんの紹介
 
クレジットカードは使えませんが電子マネーは使えます。
PayPay,LINE Pay使用可

房総タウンTopへ
このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています