サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

家満喜(やまき)商店の天日干し干物

家満喜商店の店舗外観画像

家満喜商店

 
南房総市白浜町の乙浜港前の『家満喜(やまき)商店』は自家製天日干が自慢の干物店です。
 
このお店は1月~3月の冬季、土曜日と日曜日のみ営業しています。
 
家満喜商店の中で特におすすめなのが下の写真です。
左がイカの口、クチコ、トンビなどと呼ばれていてコリコリとした食感が面白いです。右がイカの肝、濃厚なコクがあり、ご飯や酒のつまみにぴったりです。
 
イカの肝ととんびの干物
 
スルメイカの干物
 
スルメイカの干物
 
スルメイカのみりん干し。これもおすすめです。
 
イカみりん干しの画像
 
左上からムツの開き、タカべの開き、カマスの開き、ヘダイの丸干し、飛魚の開き。
 
むつ、ヘダイの丸干し
 
左がアジの開き、右はサバのみりん干しとシイラのみりん干し。シイラの干物は珍しいので購入して食べてみましたが、とても美味しいです。
 
さばみりん干し、しいらのみりん干し
 
金目鯛、鯨のタレ、近海産のカマス。金目鯛、鯨のタレもおすすめです。
 
金目鯛、鯨、カマスの干物
 
左がサンマの丸干し、右はムツとタカベ。
ムツとタカベの干物
 
マイワシは試食してみましたが脂がたっぷり乗っています。
 
マイワシの丸干し画像
 
少し大きいのがマイワシ、小さいのがカタクチイワシ
 
カタクチイワシとマイワシの画像
 
いしもちの丸干しは1尾50円。
 
いしもちの画像
 
サンマとアジの開き。アジは千葉県産の近海物です。
 
サンマとアジの開きの画像
 
干物を見ていたらハイテンションなオバチャンたちが干物を焼いてくれました。
 
干物を焼く画像
 
上からムツ、マイワシ、カタクチイワシ。焼きたては最高です。ご飯が欲しくなります。
 
試食の干物の画像

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています