サイドバーを出す
房総town.com

南房総市北三原地区の祭礼

北三原下区の屋台

南房総市和田町の祭礼


南房総市和田町 北三原の祭礼 2017年10月8日(日)

 
南房総市和田町北三原地区の祭礼は、毎年10月の第二日曜日に行われます。当日はトオカマチであり、白子、安馬谷、丸山周辺の地域でも多くの祭りが行われています。
北三原地区は、小川区、下区、中区の合同祭。小川区が一番海側で県道186号線沿いに下区と中区があります。
 

小川区

 
小川区の天御中主神社(あめのみなかたぬしじんじゃ)は山の中にあるそうで、地図にも載っていませんでした。祭神は天之御中主神で宇宙の根源の神様です。
屋台は最近新調されたそうです。小川区の屋台は黄色と白の花が飾られるのですが、この時は時間が早かったようで、まだ花は飾られていませんでした。
 
小川区の屋台を後ろから撮影
 
小川区の屋台を前から撮影
 

下区

 
下区は熊野神社です。
 
熊野神社の境内熊野神社の拝殿

 
下区の屋台の花は水色、ピンク、黄色、白とカラフルです。昼過ぎに熊野神社を出発して県道186号を経て中区方面へと向かいます。
 
中区へと向かう下区の屋台
 
下区の屋台の彫刻
 
下区の屋台を後ろから撮影
 
下区の屋台を横から撮影
 

中区の屋台

 
中区の屋台の花は白とピンク。本数が多く華やかです。
 
中区の屋台を前から撮影
 
中区の屋台を横から撮影
 
中区の屋台を後ろから撮影
 
中区の屋台を右横から撮影
 
中区の屋台を前から撮影
 
【祭礼日】10月第2日曜日 
【場所】小川区  :南房総市和田町小川周辺
 

    下区/中区:南房総市和田町黒岩周辺