サイドバーを出す
房総town.com

地魚回転寿司 山傳丸 【南房総道楽園】

炙りアナゴの寿司

南房総市富浦町深名/グルメ/和食/寿司/山傅丸


【道楽園】地魚回転寿司 山傳丸(やまでんまる)

 
 南房総道楽園の一角にある「山傳丸」は活魚問屋直営の回転寿司です。
 以前に回転寿司日本一となった「やまと」の姉妹店で、水産会社直営なのでネタの種類も豊富です。
 

炙り穴子

 
 冒頭の写真が炙り穴子です。外側は香ばしく炙ってあり、中はフワフワです。
 シャリとの相性も良く絶品です。
 
 回転寿司と言っても機械が握るのではなく、職人さんが握ります。また、注文が入ってから握るのでネタが乾いているなどということがありません。
注文はタッチパネル方式です。テーブル席では寿司が自分の席まで運ばれてくるようになっています。
 
山傳丸のタッチパネルの写真山傳丸のテーブル席

 

アオリイカ/活タコ/房州産アジ

 
 イカの王様と言われる「アオリイカ」は身が柔らかく甘味が強いのが特徴です。
 活タコはプリプリの食感です。
 
アオリイカ/活タコ/房州産アジの握り寿司
 

房州産地魚三貫/ゴマフグたたき

 
 房州地魚三貫は左から、真鯒(まごち)・鰆(さわら)・伊佐木(いさき)です。
 どれも晩春から夏が旬の魚です(産地によって多少変わります)
 一番左のゴマフグは初めて食べました。少し炙ってありますが、かなり弾力があります。
 
まごち・さわら・いさきの握り寿司
 

活〆生さば

 
 天津産の船上活〆さばです。
 
活〆生鯖の握り寿司
 

エンザラ

 
 この魚は、房州では「エンザラ」と呼びます。テレビでは「幻の魚」などと呼ばれますが、実際は幻というほど少ない訳ではありません。
 学名は「クロシビカマス」他の地方では「スミヤキ」「クロサンマ」などと呼ばれています。
 真っ黒な深海魚で脂がのっていて美味しい魚です。
 
エンザラの握り寿司
 

炙り中トロ/キスの昆布〆

 
 これは説明の必要はありませんね。
 
炙り中トロ/キスの昆布〆の握り寿司
 

こだわり炙り三貫

 
 左からエンガワ・生エビ・ホタテです。この焼き目が良い感じです。
 
エンガワ/エビ/ホタテの握り寿司
 

マゴチ

 
 真鯒(まごち)はワニのような顔をしていますが、今が旬の魚です
 見かけと違い上品な白身魚です。
 
マゴチの握り寿司

煮ホタテ

 
 大きなホタテでボリューム満点です。
 
煮ホタテの握り寿司
 
 最近は色々な店でトロタクを見かけるようになりました。どこの店が最初に始めめたのか調べても分かりませんでした。初めて見た時はびっくりしましたが、トロと細切りタクアンがこれほど合うとは思いませんでした。
 
白魚とカニ味噌の軍艦の写真爆盛りトロタク

 
 左からクロダイ・ウスバハギ・沖あじの握りです。
 
 ウスバハギはカワハギやウマズラハギの仲間で体長1m位になります。見た目や味はウマズラハギに似ています。
 沖あじは正式名なのかどうかは分かりません「モクアジ」「ドロアジ」などとも呼ばれているようです。形はメッキに似ていて色は黒っぽいです。
 
クロダイ・ウスバハギ・沖あじ
 

黒ゴマソフト/ソーダソフト

 
 デザートは黒ゴマソフト/ソーダソフトを注文しました。黒ゴマソフトは胡麻の香りが濃厚です。
 ソーダソフトは後味サッパリで夏にピッタリのソフトです。
黒ゴマソフト/ソーダソフト
 
【住所】千葉県南房総市富浦町深名505-1 南房総道楽園内
【アクセス】富津館山自動車道「富浦IC」200m
 ※掲載している情報が古い場合がございます。電話の際は房総タウンを見たとお伝えください
【電話】スマホの場合はここから直接電話できます⇒0470-20-4401
【駐車場】あり
 

南房総道楽園内にある店舗

 
イタリアン食べ放題 とまとの森
 
マンボウバーガー
 
海鮮丼のばんごや本店
 
浜焼き食べ放題 海女小屋 
 
富浦いちご狩りセンター
 
鮮魚の魚鷹
 
_房総のグルメ一覧_
 
_房総タウンTOPへ_