サイドバーを出す
房総town.com

オラホフィッシングスポット 南房総の管理釣り場

オラホフィッシングスポット

館山市小原/釣り/管理釣り場


OLAHO FISHING SPOT

 
 館山市小原の「オラホフィッシングスポット」は南房総唯一の管理釣り場です。
 市原市の養老温泉にはニジマスの釣り堀、夷隅川にはニジマスの管理釣り場はありますが、
 南房総地域(鋸南町・南房総市・館山市・鴨川市)ではここだけです。
 自然の堰を利用していて、水質は常にマッディーです。対象魚はニジマス・イトウ・ブラウン・イワナ・ロックトラウト。
 
 千葉県は山が低く、平均気温が高いので天然のヤマメ/イワナは生息していません。
 そんな訳で、この管理釣り場も期間限定となっています。(11月~5月のみ営業)
 
 この釣り堀はルアー/フライ専用釣り場なのですが、5月下旬からは放流を中止してエサ釣りOKとなります。
 
 

オラホの駐車場

 
 農道をしばらく走り、下の駐車場に車を停めます。
 
オラホフィッシングスポットの駐車場
 
 

オラホの子猫

 
 車を降りると子猫が全力で走って来ました。まだ1歳になっていないようですが、とても人懐っこくカワイイ猫です。
 駐車場から猫と一緒に管理棟へ行きます。
オラホフィッシングスポットの子猫
 
 まだ朝早かったので管理棟は開いていませんでしたが、ここで料金を支払ます。
オラホフィッシングスポットの管理棟
 

オラホフィッシングスポットのポイント

 
 池は一周でき特にこれといったポイントはありません。水深は浅く2m位。奥には流れ込みがあります。
 この写真は1月に撮影したので草は生えていません。
 
オラホフィッシングスポットの全景
 池の両サイドにはエアーが入っています。この周辺でライズが見られます。
オラホフィッシングスポットのエアー
 
 オラホフィッシングスポットは6月から10月が休業となるため、5月下旬になると放流を中止してエサ釣りOKとなります。
 今日は5月28日なので放流はありませんが、敢えてルアーで挑戦してみました。
 
 今回は苦戦が予想されるため、強力な秘密兵器を用意しました。バス釣りチャンピオンの「コヤナギ名人」です。
 1回ヒットしたのですが、掛かりが浅くバレてしまいました。名人は「鯉だった」と言ってました。
 この池には鯉も生息しています。
 
オラホフィッシングスポットのコヤナギ名人
 
 猫は釣りをしている間ずっと足元に居ます。脚に体をこすりつけてくるので踏み潰しそうになります。
 私はルアー釣りをやると飽きてしまうので、ずっと猫と遊んでいました。
 おにぎりを食べようとしたら、ジャンプして横取りされてしまいました。
 甘えたフリをしていても食べ物を見ると豹変するので要注意です。
 小さい体でおにぎり1つとサンドイッチ1つを食べてしまいました。
 
オラホフィッシングスポットの名人と猫
 今回は名人を投入しましたが、ボウズとなってしまいました。エサ釣りの方はポツポツと釣っていました。
 
オラホフィッシングスポットの流れ込み
 

オラホフィッシングスポット

 
 住所:千葉県館山市小原940
 電話:0470-27-5304
 営業時間:11月~5月
      6:00~17:00
 フライとルアー以外の釣りは禁止です。返しの付いた針やトリプルフックは使用できません。
詳細はホームページの「ガイド」を参照してください。
 
ホームページhttp://olaho-tateyama.com/fish/

 
 
他の釣り場情報を見る