サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

魚屋カフェ【南総文化ホール内のカフェテリア】

魚屋カフェのまご茶漬け

魚屋カフェ 南総文化ホール内

 
館山市安布里の南総文化ホール内には「魚屋カフェ」という面白いネーミングのカフェがあります。
どんな物が食べられるのか? 気になったのでランチを食べに来てみました。
 
経営は鴨川市の人気地魚料理店&魚屋のカネシチ水産です。
 
お店は南総文化ホール入り口の正面。席数は30席ほとありますが、イベントが開催されている日は混雑します。
 
魚屋カフェの内部
 

まご茶漬け

 
魚料理は「まご茶漬け」と「さばの味噌煮定食」の2種類なので二人で来て両方食べてみました。
魚屋カフェのまご茶漬けは鯵バージョンと真鯛バージョンがあるようで、今日は鯵が入っていました。
鯵の切り身の下には海苔、上には白髪ネギ、万能ネギ、ゴマ、ショウガが乗っています。
 
「まご茶漬け」は千葉県や静岡県の家庭で食べられている漁師料理(郷土料理)です。
ご飯の上にアジ、カツオ、タイなどの刺身やタタキ、ナメロウなどを乗せ、ダシ汁、せん茶、熱湯をかける料理で単に「孫茶(まごちゃ)」とも呼ばれます。
魚カフェのまご茶はダシ汁ではなくせん茶をかけて食べるスタイル。
まご茶漬け
 
鯵の切り身は漬けになっていて、茶漬けには鯵の旨味が溶け込んでいます。
 
まご茶漬けを漢字で書くと「孫茶漬け」。この中の「孫」って何なのでしょう?
ネットで調べてみると「孫にも食べさせた位おいしい」とか「まごまごしていると冷めてしまう」などがあり名前の由来は分からないようです。
 
そもそも、房州で分からない言葉を調べると最後には「分からない」という結論になることが多いと感じています。人に聞いてみても「昔っからそう呼んでるけんど、よくわかんねぇ」という答えが多いです。有名な「ナメロウ」でさえも「盛っていた皿までナメてしまうのでナメロウ」となったという説が有力とされていますが、これもさえも正確には判明していません。このような事はとても「房州らしい」と言えますが、私は名前の由来などを追究してもしょうがない。おいしければいいと思っています。
まご茶漬けの魚
 

さばの味噌煮定食

 
このさばは通常スーパーなどで販売されているさばと違って幅広で体高があります。こういう魚は脂がのっていて美味しいです。
さばの味噌煮定食
 

ベルギーワッフル

 
魚屋カフェはカフェなのでコーヒーなどのドリンク類やスイーツもあります。
下の画像はベルギーワッフル。メープルシロップが添えられています。
ベルギーワッフル
 

魚屋カフェのメニュー

 
※メニュー・料金は2019年11月25日時点のものです

食事

 
■さばの味噌煮定食

大きなサバを秘伝のタレで煮込みました

■まご茶漬け

房総の郷土料理

■クラムシーフードチャウダー

魚屋カフェオリジナル

■カレーライス
■シーフードカレー

魚屋カフェオリジナルカレー

■ホットサンド

トマト、チーズ、ハム入り

■メープルシュガートースト

おやつ感覚でどうぞ

 

スイーツ

 
■本日のケーキ
■バニラアイスクリーム
■ベルギーワッフル

メープルシロップ付き

■コーヒーゼリー
 

ソフトドリンク

 
魚屋カフェは老舗コーヒー器具メーカー「メリタのフレンチプレス」を使用。本来はコーヒー用の器具ですが茶葉をジャンピングさせおいしい紅茶を淹れる事ができます。
※ドリンク+食事注文で200円引き
■フレンチプレスティー(温or冷)

オリジナル紅茶or季節の紅茶

■フレンチプレスミルクティー(温or冷)

オリジナル紅茶or季節の紅茶

■タピオカミルクティー(温or冷)

人気のタピオカミルクティー

■ウーロン茶、コーラ、オレンジ、メロンソーダ、ホットミルク

+100円でバニラアイスフロートにできます

 

コーヒー

 
■フレンチプレスコーヒー(フルーティー)(温or冷)

浅煎りでさわやかな酸味

■フレンチプレスコーヒー(マイルド)(温or冷)

中煎りで優しい苦み・酸味・甘味

■フレンチプレスコーヒー(ビター)(温or冷)

深煎りで力強い苦み・甘味

■フレンチプレスカフェオレ(温or冷)

フルーティー、マイルド、ビターより選択

■レギュラーコーヒー(温or冷)
■レギュラーカフェオレ(温or冷)
■コーヒーフロート(温or冷)
 
魚屋カフェのメニュー1魚屋カフェのメニュー2

 

定休日・営業時間

 
定休日はありません。その月の休み予定はレジ右側の紙に貼りだされています。営業時間は土曜・日曜は10:00~17:00その他の日はイベントの有無により状況が変わります。
 
魚屋カフェの営業日

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています