サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

館山海中観光船【エサやりの動画】

館山水中観光船の画像

館山海中観光船(たてやかいちゅうかんこうせん)

 
今日は館山海中観光船に乗って沖ノ島周辺の海の中の様子を観察してきました。
乗船時間は約50分、運行間隔は約1時間に1回。沖ノ島周辺に船を止めて海中の魚の様子を観察することができます。オススメは凪の日で海の透明度が高いので海中がはっきりと見えます。
 

券売所

 
券売所は渚の駅たてやまの横、館山夕日桟橋の入口にあります。車は「渚の駅たてやま」または「館山夕日桟橋」手前の無料駐車場に停められます。
 

<乗船料>

※料金は2019年8月現在のものです。詳しくは日東商船株式会社 館山海中観光船でご確認ください。JAFの会員券割引もあります。ホームページ割引は割引額が大きいのでおすすめです。
【個人】
大人(中学生~)2,520円
小人(小学生) 1,290円
【シルバー割引】
大人(中学生~)2,100円
小人(小学生) 1,100円
【身障者・特定日・誕生日割引】
大人(中学生~)1,800円
小人(小学生)  900円
【団体割引】15名~
大人(中学生~)2,000円
小人(小学生) 1,000円
 
渚の駅たてやま横の発券所館山夕日桟橋の乗船所

 
乗船券を買ったら桟橋へ向かいます。途中の青い海ほたるのある所が乗船所です。海中を見るには船の階段を下りて海中展望室に入りますが、沖ノ島に着くまでは船の上に居ると景色を楽しめます。
 
海中観光船の乗船所の階段海中展望室の入口

 
こちらが海中展望室。なるべく中央の席が魚がよく見えます。
 
海中展望室の様子
 
山の上に見えるのが館山城見晴らしが良く花の名所として知られています。
 
館山海中観光船から見た館山城
 
館山夕日桟橋は富士山の撮影スポットとして有名。天気の良い日は富士山が見えます。(60倍ズームで撮影)
5月中旬と7月下旬には夕日が富士山の上に沈むダイヤモンド富士が見られ
多くのカメラマンが訪れます。
 
館山海中観光船から見た富士山
 
こちらは超人気釣り場の自衛隊堤防。クロダイ、スズキ、アジ、キスなどの他に青物も釣れる一級ポイントです。
 
自衛隊堤防の釣り
 
自衛隊堤防の画像
 
こちらは鷹之島の造船所。鷹之島は昔は岸から離れた島でしたが、館山海軍航空隊基地の埋立てにより陸続きとなりました。
 
鷹之島の造船所
 
進行方向右側にある半島が大房岬半島全体が公園となっていて展望台からは太平洋が一望できます。
 
館山海中観光船から見た大房岬
 
大房岬のアップ
 

海中の様子

 
沖ノ島に着くとアナウンスがあるので海中展望室に入ります。岸からは50m位でしょうか。水深は3m位です。
船が止まると魚がどんどん集まって来ます。
 

<YouTube動画 水面にエサを食べに来る魚達>

 

 
写真右側の大きな魚がクロダイ、その左側の二匹がメジナ、右上の縞模様の魚がオヤビッチャ。
 
海中の様子(クロダイ、メジナ)
 
船の上からもエサを撒くのでどんどん魚が集まって来ます。遠くには南方系のアジ(釣り人はメッキと呼んでいる)も居ます。
 
海中の様子(メジナ、イスズミ、オヤビッチャ)
 
黒っぽく尾が二つに分かれているのがスズメダイ、上の方に居る白っぽいのがイスズミ。
 
海中の様子(スズメダイ)
 

<YouTube動画 水中でエサを食べる魚達>

 

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています