サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

そば処山小屋【自家栽培の手打ち十割そば】

そば処山小屋の天ざるそば

そば処山小屋(そばどころやまごや)

 
南房総市千倉町久保の「そば処山小屋」は、自家栽培のそば粉を使った手打ち10割の蕎麦店です。南房総で10割蕎麦は珍しいのですが、それでも数店はあります。しかし、自家栽培の蕎麦粉を使うお店はここ以外に見たことがありません。
 
そば処山小屋の入口の画像
 
そば処山小屋の店舗入口の画像
 
店主にお話を伺うと、子どもさん達が独立したのをきっかけに自分の好きな事をやってみたいと思い「そば処山小屋」を開業したそうです。
元々そばを打つのが趣味で、友人達のリクエストに応じてそばを打っていたそうです。修行はやっていないそうですが、これほど美味しいそばが打てるとは驚きです。
そばは収穫して粉を挽く時の香りで味が分かるそうです。
 
そば処山小屋の店内画像
 
そば処山小屋の一枚板のテーブルの画像
 

天ざる

 
そばはコシがあり香り高い。つゆはやや甘め、この周辺の好みに合わせているそうです。天ぷらはエビ、ハゼ、春菊、舞茸。魚の天種はキス、メゴチ、アナゴ・・・色々ありますが、私が一番好きなのはハゼです。ハゼはありふれた魚のようですが、最近は激減しています。実際に南房総でハゼの天ぷらを出しているお店は少ないと思います。(私はここ以外に知りません)
 
そば処山小屋の天ざるそばの画像
 

里芋の煮付け

 
自家栽培の里芋。薄味でもダシの風味がよく美味しい!
 
そば処山小屋の里芋の煮付けの画像
 

アクセス

 
館山市九重から千倉へ抜ける県道187号線に「手打ちそば」の看板があります。私は3年前からこの看板を知っていてお店を探したのですが辿りつけずに断念しました。たぶん閉店したのだろうと思っていました。しかし最近「新そば」の幟を見て再度探してみました。
 
県道187号線の看板の画像
 
上の看板からお店までは2kmもあります。なにしろお店の情報が全く公開されていないので、初めての人は見つけるのが大変です。
県道187号線を瀬戸川方面に曲がったら、最初の曲がり角(下の画像)を左折すると分かり易いです。ナビで行くには安田メロン農園を目標にしてください。
 
そば処山小屋への道のり

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています