サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

凜(Rin)【三芳の古民家カフェ】

古民家カフェ凛のステンドグラス

凜(りん)

 
今日は2018年10月20日にオープンした南房総市古民家カフェの「凜」のランチを食べにきました。
 
凜の場所はとても分かりづらく、三芳の正林寺の手前です。オープンして20日ほどなのでネットでもほとんど見かけません。私が正林寺に行った際に、たまたま見つけた店です。
 
凜の案内板の画像
 
凜は古民家を改装してあります。
今回は忙しい時間帯にお邪魔したので、ゆっくりとお話を聞くことができませんでしたが、店主は元々南房総市に住んでいてずっと古民家のカフェを開業してたくて物件を探していたそうです。
※店主の益子恵さんは南房総市役所の南房総的起業人のサイトで紹介されました。
第35回 古民家カフェ凜(凜)益子 恵さん

 
凜の店舗外観の画像
 
庭が現在2019年2月現在整備中ですがサイクリング用のラック、オープンテラス、ドッグラン、子供用のミニフィールドアスレチックなどがあり、来店の度に進化しています。
 
凜の庭の画像凜のオープンテラス席の画像

 
左下は自転車用のラック。ここから9km程離れた南房総市の平久里中には『南房総平群クラブハウス』というサイクリスト交流の場があって、サイクリングに訪れる方が多い地域です。
右下は水車で作った飾りです。倉庫を整理していたら水車が出てきたそうです。前に流れている沢で使っていた物のようです。
 
凜の自転車ラックの画像水車で作った飾りの画像

 

ドッグラン&ミニフィールドアスレチック

 
ここは竹の柵で作ったドッグランです。中にはブランコや縄はしごがあり子どもが遊べるようになっています。
 
凜のドッグランの画像
 

カフェコーナー

 
内部は相当綺麗にリメークされています。カフェスペースはテーブル席と小上がりがあり全部で20席あります。
 
凜のカフェスペースの画像
 
ここはラジカセ/ラジオコーナー。全部使えるそうです。
 
ギャラリー(ラジカセコーナー)の画像
 
雑貨コーナー
 
ギャラリー(雑貨コーナー)の画像
 
ダイヤル式の電話機、昔の扇風機、木製のラジオが展示されています。
 
ギャラリー(扇風機・黒電話)の画像
 
木製の柱時計
 
ギャラリー(柱時計)の画像
 
この部屋は大きな木が展示されています。どうやって中に入れたのでしょうか。手前にある木製の箱は蓄音機?
 
木の展示品の画像
 
ステンドグラスの部屋は、大島哲夫さん大島るり子さんの作品。シーグラスや貝殻を集めて作られています。
 
ギャラリー(ステンドグラスコーナー)正面の画像
 
ギャラリー(ステンドグラスコーナー)の画像
 
お客様へのお願いの画像
 

凜華麗(カレー)セット

 
凜華麗はシーフードカレーでイカ、エビ、ホタテ、豚肉、きのこが入っています。ルーはコクがあって美味しいカレーです。
 
凜華麗(カレー)セットの画像
 

ピラフセット

 
ピラフセットと一緒に注文したのが、店主おすすめのコアップガラナ。これ美味しいです!。
ガラナはブラジルのアマゾン川流域の植物です。ガラナの実は先住民の間では薬用品・滋養飲料として愛用されてきてブラジルでは国民的飲料なんだそうです。
Wikipediaによるとコアップガラナは北海道ではコーラ同様に根強い人気がある飲料だそうです。
 
ビラフセットとコアップガラナの画像
 
ケーキはロールケーキ・チョコレートケーキ・チーズケーキの日替わり。下の写真はチーズケーキです。
 
チーズケーキの画像
 

メニュー 2019年2月現在

 
<食事>
・凜華麗ライス単品  700円
・凜華麗セット (凜カレー、パン2個、サラダ、コーヒーor紅茶) 800円
・凜華麗セット (凜カレーライス、サラダ、コーヒーor紅茶) 1,000円
※カレーはシーフードカレーなのでアレルギーをお持ちの方はご遠慮ください。
・ピラフセット (ピラフ、サラダ、スープ、コーヒーor紅茶)  800円
・凜雑炊セット (凜雑炊、サラダ、スープ、コーヒーor紅茶)  800円
<ドリンク>
・コーヒー(ホットorアイス) 400円
・紅茶(ホットorアイス) 400円
・オレンジジュース 200円
・コアップガラナ 400円
<ケーキ>
・ロールケーキ・チョコレートケーキ・チーズケーキ 350円
 ※ケーキは日替わりです
 
カフェコーナーの画像

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています