サイドメニューアイコン
トップスライドアイコン

館山・南房総ポータルサイト 房総タウン ページロゴ

花蔵院 三代目波の伊八の彫刻

花蔵院の波の伊八の彫刻の画像

花蔵院(けぞういん)

 
宗派:真言宗智山派(鴨川市川代 勝福寺)
山号:慈眼山(じがんざん)
本尊:観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)
由緒:創建は不詳とされますが、寺伝によると永禄元年(1558年)永雅(えいが)僧都によって衰退していた同寺が中興開山されたといいます。同寺は勝福寺の末寺のなかでも、寺格が高く「紅衣一色着用寺格」でした。昭和三十五年には同宗の来福寺を合併しました。
(参考文献:東条のあゆみ)
 

本堂

 
本堂向拝には、三代目波の伊八こと武志伊八郎信美(信秘)(1816ー1889)の見事な彫刻があります。この彫刻は天保七年、信美21歳の時の作品です。
撮影中は伊八の作品ではないかと思って撮影していましたが、刻印などは見つけられす、家に帰って伊八の本で調べて伊八の作品と解りました。
名工波の伊八、そして北斎 伊八五代の生涯文芸社 片岡 栄
 
花蔵院本堂の画像
 
花蔵院本堂右側の画像
 

武志伊八郎信美の作品

 
三代目波の伊八の鳳凰の画像
 
獅子と木鼻の彫刻
 
三代目波の伊八の獅子と木鼻(左)の画像
 
三代目波の伊八の獅子と木鼻(右)の画像

このページをご覧になった方は
こんなページもご覧になっています